GETTY

Photo: GETTY

レディオヘッドのトム・ヨークは『キッド A』と『アムニージアック』の再発にあたってロンドンで開催される展覧会のキュレーションを共同で手掛けることが明らかになっている。

トム・ヨークとスタンリー・ドンウッドはアルバムのアートワークを手掛けているが、10月9日から15日までロンドンのクリスティーズ本社で「ハウ・トゥ・コンプリートリー・ディスアピアー」と題した展覧会が開催されることが決定している。

スタンリー・ドンウッドは『キッド A』のために制作した6点の大きな絵画のほか、この時期に制作したスケッチ、歌詞、デジタル・アートを売りに出すという。

絵画はオンラインで10月9日から15日まで1万ポンドからオークションが開催される。

ディストピアの風景を描いた絵画は1999年から2001年に制作されたもので、『キッド A』の最終的なアルバム・ジャケットに関連したものとなっている。

スタンリー・ドンウッドは次のように述べている。「ある日のものすごく深夜にトムと僕はオックスフォードシャーで無駄なものに囲まれながら、闇の中にいて、アートワークを仕上げようとしていたんだ。もうできないと思った。あまりにも作りすぎていて、たくさんの絵があって、アイディアやスケッチ、文章が嵐のようにあったんだ」

「疲れ果てていて、しっかりと考えられなかった。アルバム・ジャケットのたくさんのバージョンがあった。いろんな絵にいろんなタイトル、いろんな活字があった。どれが一番いいのか分からなかったから、下の階に持っていって、キッチンの冷蔵庫やダンボールにテープで貼り付けたんだ。朝になったら、どれが一番いいアルバム・ジャケットとタイトルなのか、分かればなと思っていたんだ。そして、それが『キッド A』だったんだ」

先日、レディオヘッドとプレイステーションは『キッド A』と『アムニージアック』の再発に際してオンライン体験を展開することを発表している。

詳細は明らかにされていないものの、プレイステーションは「『キッド A』と『アムニージアック』の21年を記念してオリジナルのアートワークと音源から作られたデジタル/アナログによる混乱した世界」が展開されると評している。

『キッドAムニージア』はXLレコーディングスより11月5日にリリースされる。

『キッド A』と『アムニージアック』期に制作したヴィジュアル作品をまとめたトム・ヨークとスタンリー・ドンウッドによる2冊のアートブックが11月4日にリリースされることも決定している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ