GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーはワイト島フェスティバルのステージを行った後にヘリコプターから落ちたことで、ベルファストの公演をキャンセルすることを発表している。

ツイッターに鼻を怪我をした写真を投稿して、リアム・ギャラガーは次のように述べている。「見てみてくれ。昨日の晩、ヘリコプターから落ちたんだ。思いもしなかっただろ」

リアム・ギャラガーは現地時間9月17日にワイト島フェスティバルにヘッドライナーとして出演して、ソロの楽曲やオアシスの名曲を披露していた。

リアム・ギャラガーはその後、鼻の怪我によって歌うことができず、ベルファストのオーモー・パークでの公演が2022年6月24日に延期されることが決定している。

「週末のベルファストの公演がキャンセルになったことにはものすごく打ちのめされているよ。ワイト島フェスティバルの後に事故が起きて、鼻を怪我して歌うことができないんだ。医師にも十分に休むように言われたよ。チケットを買ったすべての人に謝罪するよ。公演は振り替えられることになる。埋め合わせはするつもりだよ」と彼はツイートしている。

すべてのチケットはそのまま有効となる。

オアシスはライヴ・ドキュメンタリー映画 『オアシス:ネブワース1996』より“Champagne Supernova”の動画が公開されている。ネブワースの2公演目で撮影されたこの映像にはザ・ストーン・ローゼズのジョン・スクワイアがゲスト参加している。

『オアシス:ネブワース1996』は9月23日に劇場公開される。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ