PRESS/YOUTUBE

Photo: PRESS/YOUTUBE

11月20日に通算3作目となるニュー・アルバム『25』をリリースしたアデルだが、カムバック時のダイエットの秘密について語ったという。

新作『25』の記録破りの成功を祝っている最中のアデルだが、発売から3週間で全米での売上が500万枚を突破したことが明らかになっている。

『ザ・サン』誌によれば、アデルはダイエットにおいて、あるものを摂取しないようにしたという。アデルは次のように語っている。「1杯あたり二つの砂糖を入れた紅茶を毎日10杯も飲んでたのね。毎日20個の砂糖を摂ってたのよ」

「今は飲んでないわ。これまでよりも活力に溢れてるの」

また、2歳の息子のアンジェロを抱えるアデルは、大酒とタバコも止めたとしている。

アデルは来年からツアーを開始するが、そのスタミナを養うためにもジムに通っていることを以前、米『ローリング・ストーン』誌に語っている。「別にゼロ・ザイズとか、そんなになりたいわけじゃなくて、体重を調整するためなの」

「ずっと、うめき声を上げてるわよ。ジムなんてものにスキップしていく感じじゃないの。楽しんでもないし。ウェイトをやるのも好きじゃないわ。鏡を見るのも嫌いだし。すぐに血管は顔で破裂しそうになるしね。血管が破裂しないようにウェイトをやるときは、すごく注意してるのよ」

アデルは昨日、ヨーロッパ・ツアーに続いて、2016年7月から行う56公演の北米ツアーを発表している。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ