Omega Auctions

Photo: Omega Auctions

セックス・ピストルズは1976年にマンチェスターのフリー・トレード・ホールで行った2公演の映像が15000ポンド(約225万円)でオークションで落札されている。

この2公演にはその後ミュージシャンとなる人物が多数訪れていたことで知られており、この公演をきっかけにバンドを結成している。

観客にはその後ジョイ・ディヴィジョンのメンバーとなるピーター・フック、バーナード・サムナー、イアン・カーティス、ザ・フォールのマーク・E・スミス、バズコックスのピート・シェリー、ハワード・ディヴォート、スティーヴ・ディグル、ファクトリー・レコーズのトニー・ウィルソンらがいた。

17歳のモリッシーもこのライヴを目撃しており、「セックス・ピストルズが成功するのを見たい」と『NME』に寄稿している。

今回、ファンのマーク・ロバーツが撮影した映像がオメガ・オークションに出品されて、15000ポンドで落札されている。

スポークスパーソンはこの8mmの映像について「あのライヴを撮影したことで知られる唯一の映像」だとして、その「歴史的価値」は「疑う余地がない」と述べている。

オークション主催者のポール・フェアウェザーは「多くのバンドが生まれることになった」として「パンクの誕生だ」と語っている。

先週、ジョン・ライドンは先月セックス・ピストルズのバンドメンバーとの法廷闘争で敗れたことで悪化してしまったという経済的困窮について語っている。

ジョン・ライドンはダニー・ボイルが手掛ける伝記映像作品『ピストル』でのセックス・ピストルズの音楽使用を拒否して訴えられていた。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ