GETTY

Photo: GETTY

マリリン・マンソンは性的虐待について訴えられていた裁判の一つが棄却されたことが明らかになっている。しかし、原告には主張を修正して再度訴える時間がもうけられている。

ジェーン・ドゥという匿名で訴えていたマリリン・マンソンの元交際相手の女性は2011年にレイプと脅迫の被害に遭ったとして今年5月に訴えを起こしていた。

マリリン・マンソンの弁護士は時効の範囲外と主張していたが、原告側は今年2月に他の性的虐待に関する記事を読むまで、性的虐待の被害者にはよくあるように記憶を抑圧していたと述べている。

今回、判事のグレゴリー・キオジアンは記憶を抑圧していたという原告の主張では「遅れた発見のルールを適用するには満たさない」と判断している。

「遅れた発見のルールの恩恵を受けようとする原告は発見された時の様子となぜそれまでは発見できなかったのかを示す『事実を主張しなければなりません』」と判決には書かれている。

「主張では記憶の抑圧がいつ始まったのか――事件後すぐだったのか、時効後だったのか、記憶の抑圧の内容や程度――どの記憶が抑圧されていたのか、思い出せなかった記憶はどこまでだったのかが示されていません」

原告の女性と弁護士には20日間の主張を修正する期間が与えられて、遅れた発見の根拠を支える詳細の提出が求められている。

「マリリン・マンソンはレイプについて依頼人に沈黙してほしいと思っています」と原告の弁護人であるアダム・ウルフとトレイシー・カーワンは『ピープル』誌に語っている。

「彼は裁判が棄却されるようにテクニカルな法律議論を使おうとしてきました。判事は判例を分析して、主張を修正して詳細を付け加えるのであれば、裁判を進めることができるようにしてくれました」

「すぐに追加の詳細を加えて修正し、自身の行動に関してマリリン・マンソンに答えさせる機会を楽しみにしたいと思います」

マリリン・マンソンは2月1日にエヴァン・レイチェル・ウッドや4人の女性から懐柔、虐待、洗脳を告発されている。マリリン・マンソンは「私の恋愛関係は気の合うパートナーとの常にどれも合意の上のものでした」と否定している。

マリリン・マンソンは女優のエスメ・ビアンコ、元アシスタントのアシュリー・ウォルターズ、そして匿名の元交際相手からも訴訟を起こされている。マリリン・マンソンはこれらの主張についても繰り返し否定していた。

さらにマリリン・マンソンはモデルのアシュリー・モーガン・スミスラインから性的虐待についての訴訟を起こされている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ