GETTY

Photo: GETTY

ジャック・ハーロウはエミネムと電話をして賛辞を送ってもらったことについて語っている。

ジャック・ハーロウはエミネムの楽曲“Killer”のリミックスでコーデーと共にコラボレーションを行っている。“Killer”のオリジナル・バージョンは『ミュージック・トゥ・ビー・マーダード・バイ – サイドB』に収録されている。

MTVビデオ・ミュージック・アウォーズのレッド・カーペットでジャック・ハーロウは自身のヒーローであるエミネムに会ったことはないものの、電話で話をしたことがあると明かしている。

「会ったことはないんだけど、電話はしたことがあって、あれは大きかったね」とジャック・ハーロウは米『ビルボード』誌に語っている。「今まで言ったことはないんだけど、みんなに聴いてもらうのが待ちきれないけどさ。彼はアーティストだったら求めてしまう称賛の言葉をたくさんくれたんだ」

彼は次のように続けている。「憧れている人が自分のことをどう思っているか教えてもらうことは時に最高のご褒美になるんだ。『お前はドープだ』と言ってくれてね。10年間待ち続けた言葉を聴けたんだ。特別なことだったよ」

ジャック・ハーロウはリル・ナズ・Xのパフォーマンスに参加して“Industry Baby”を披露している。

リル・ナズ・Xは9月17日にデビュー・アルバム『モンテロ』をリリースすることが決定している。15曲を収録したアルバムには“Industry Baby”や“Sun Goes Down”も収録され、ミーガン・ザ・スタリオン、エルトン・ジョン、マイリー・サイラス、ドージャ・キャットらも参加している。

ジャック・ハーロウは先日、2021年になってアルコールを止めた理由を説明しており、一滴も飲んでないことをファンに伝えている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ