GETTY

Photo: GETTY

テイラー・スウィフトはベルファストのバーで22歳のシンガーソングライターのライヴに立ち寄って人々を驚かせている。

報道によれば、テイラー・スウィフトはサリー・ルーニーの小説『カンヴァセーションズ・ウィズ・フレンズ』のドラマ版を仕上げていた交際相手のジョー・アルウィンとベルファストを訪れている。

地元のシンガーソングライターであるティエラン・へフロンはテイラー・スウィフトと撮ったセルフィをツイートしており、彼女はチップをくれて、どうすれば彼の音楽を聴けるか訊かれたと述べている。

「テイラー・スウィフトが自分のライヴにやってきて、3時間のステージをすべて見てくれることなんて毎日あることじゃない。彼女は本当に素敵な人だった」とティエラン・へフロンはツイートしている。

「彼女は僕のやっていることをどうすれば知れるか訊いてきて、チップをくれたんだ! 夢が叶って、どうなるか楽しみだよ」

「彼女が現れるまではベルファストの他のライヴと変わらなかった。誰もそこに彼女が来るなんて知らなかったんだ」とティエラン・へフロンはBBCニュースに語っている。

「準備をしようとしていたら、テイラー・スウィフトが入ってきたと誰かが言いに来たんだ。膝から崩れ落ちたね。でも、興奮したよ。いろんなシンガーソングライターが夢見る瞬間だからね。『さあ、やってみるか』と思ったよ」

「鼓動が速くなって、それでやってみたんだけど、彼女は“Tell My Ma”という曲で歌ったり踊ったりしてくれたんだ。楽しい時間を過ごしてくれたんだよ」

ティエラン・へフロンはこの日ベルファストの中心部にあるティプシー・バードでライヴを行っており、バーのフェイスブックではスタッフとテイラー・スウィフトが撮った写真が投稿されている。

https://www.facebook.com/TheTipsyBird/posts/4271098466339532

「唯一無二のテイラー・スウィフトが先週金曜日に訪れてくれて私たちを喜ばせてくれました」とフェイスブックには書かれている。「テイラーは『カンヴァセーションズ・ウィズ・フレンズ』のドラマ版を仕上げていたジョー・アルウィンを支えるためにここに来ていたのです」

「彼女は期待通り素敵な人で、私たちのチームと写真を撮ってくれるほどやさしかったのです」

テイラー・スウィフトはベルファストのシューというレストランを訪れており、そこのスタッフとも写真を撮影している。

先日、エド・シーランはテイラー・スウィフトを地元のパブに連れて行った時に誰も気づかなかったと語っている。

新たなインタヴューでエド・シーランはサフォークのフラムリンガムにある地元のパブであるザ・ステーションにストームジーと共にテイラー・スウィフトを連れて行った時のことについて語っている。

「一度テイラー・スウィフトを連れて行ったんだけどさ。テイラーを連れて行っても、誰も彼女に気づかなかったんだ。1週間後に店員に『先週、テイラー・スウィフトをここに連れてきた?』って訊かれたんだ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ