GETTY

Photo: GETTY

スリップノットのフロントマンであるコリィ・テイラーはメタリカの“Enter Sandman”が与えた影響について賛辞を寄せて、「自分たちの世代にとっての“Stairway To Heaven”」だと語っている。

“Enter Sandman”は今月30周年を記念して再発された『メタリカ』こと『ブラック・アルバム』に収録されている。

アルバムの再発に合わせてカヴァー・アルバム『メタリカ・ブラックリスト』もリリースされており、コリィ・テイラーも参加している。アルバムにはリナ・サワヤマ、アイドルズ、ロイヤル・ブラッド、セイント・ヴィンセント、ビッフィ・クライロ、フィービー・ブリジャーズ、マック・デマルコ、ウィーザーらが参加している。

「Knotfest.com」のライアン・J・ダウニーによるインタヴューでコリィ・テイラーは“Enter Sandman”が自分たちの世代に与えた影響について語っている。

「ギターで弾き方を覚えた最初の楽曲の一つが“Enter Sandman”だったんだ」とコリィ・テイラーは語っている。「というのも自分たちの世代にとっての“Stairway To Heaven”や“Smoke On The Water”なんだよ。ギター・センター(全米の楽器店)のウイルスとでも呼びたいリフの一つだよね」

「店に入ってきて、みんな“Enter Sandman”や“Crazy Train”、“Smoke On The Water”、“Stairway To Heaven”、“Whole Lotta Love”を弾くわけでさ。『あ、できた』となる入門のリフというものがあるんだよね」

「もう少しギターがうまくなった時に腰を据えて、メタリカの初期4枚のアルバムを聴き直して、練習を始めて、それらのリフを覚えていったんだ」とコリィ・テイラーは語っている。「それが初めてジャムをやった時に他のミュージシャンと会話をできる言語のようなものになったんだよね。“Blitzkrieg”や“Ride The Lightning”のような曲を弾き始めると、みんなが入ってきて、すぐにできることを分かっているんだよ。というのも、単にリフを覚えただけではなくて、曲全体を学んでいるから、できるんだ」

インタヴューでコリィ・テイラーはメタリカの成功がスリップノットにとって「青写真」となったと語っており、『メタル・マスター』については「完璧なヘヴィ・メタル・アルバム」と評している。

先日、コリィ・テイラーはスリップノットの来たるニュー・アルバムでレコーディングが残っているのはわずか3曲だと明かしている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ