PRESS/NIKE

Photo: PRESS/NIKE

音楽検索アプリのシャザムは、「今年4000万回以上も検索された世界でたった1人のアーティスト」としてディプロの名前を挙げている。

ディプロがメジャー・レイザー&DJスネイク名義でMØをフィーチャリングしてリリースした“Lean On”は、シャザムでは16週連続1位を獲得しており、2700万回を超える検索回数を生んでいる。さらにスポティファイでも当時史上最多のストリーミング回数を記録するなど、各プラットフォームで人気を集める結果となった。

これに加え、ディプロとスクリレックスによるジャック・Uが、ジャスティン・ビーバーをフィーチャリングした“Wher Are U Now”もシャザムにおいて960万回を超える検索数を獲得し、UKでの検索チャートで3週間にわたって1位を記録している。

“Lean On”のミュージック・ビデオはこちらから。

“Wher Are U Now”のミュージック・ビデオはこちらから。

また、ディプロは自身のソロ名義でスリーピー・トムと共にリリースした“Be Right There”でも460万回の検索回数を記録している。

“Be Right There”の音源はこちらから。

ディプロはメジャー・レイザーのヒット曲“Lean On”について、ニッキー・ミナージュとリアーナに参加を断られていたことを明かしている。

同曲は、メジャー・レイザーの通算3作目となるアルバム『ピース・イズ・ザ・ミッション』からのシングルで、DJスネイクが参加しているほか、デンマークのシンガーであるMØがヴォーカルを提供している。

『タイム』誌の最新インタヴューでディプロは、この曲がゆっくりとしたレゲエ・ナンバーとして、どのようにMØと書いていったかを説明している。そして、ニッキー・ミナージュかリアーナに譲ろうとしたが、二人とも断ってきたという。

楽曲の成功を受けて、ディプロは今回の件を「不幸に見えて実はありがたかった」と語っている。

「MØはこの曲をやろうとした誰よりも合ってたんだ。俺たちがやりたいのはクラシックスのようなレコードを作るっていうことだけなんだよね。でも、みんなの普通の耳には、進歩的な風変わりなものに聴こえたみたいなんだ」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ