PRESS

Photo: PRESS

プロディジーのキース・フリントは2021年の世界自殺予防デーに際してロンドンのハックニーで壁画が初公開されている。

キース・フリントは2019年3月に享年49歳で亡くなっている。ヘッドストック・フェスティバルとの協力でストリート・アーティストの「Akse P19」が今回の壁画を手掛けている。

「Akse P19」の壁画にはヘッドストック・フェスティバルによるクラウドファンディングが行われ、10650ポンドが寄せられており、世界自殺予防デーとメンタル・ヘルスに関するメール・サービス「シャウト85258」の認知を上げることを目的としている。

壁画は1991年にプロディジーが初めてライヴを行ったフォー・エースズ・クラブがあった場所から100ヤードもないところに登場している。

壁画についてプロディジーのリアム・ハウレットは次のように語っている。「僕らに切迫した目的のためにこれを実現するために協力してくれたすべての人に敬意を。Akse P19はキース・フリントを誇りにしてくれたんだ」

ヘッドストック・フェスティバルの創始者であるアシア・アル・スリムは次のように語っている。「キース・フリントはオリジナルのファイアスターターでした。彼はエレクトロニック・ミュージックの真の先駆者で、何度かの機会でプロディジーでパフォーマンスする彼を見れたことは幸運でした」

「オフステージでキース・フリントはメンタル・ヘルスで苦しんでいました。彼は自身の『暗い時期』について率直に語りました。悲しいことに彼はそのために自殺することになりました。キース・フリントを忘れず、彼の炎を明るく燃やし続けるために、そして24時間メールでのサポートをするシャウト85258の認知を上げるために今回の壁画は作られました」

「壁画を見た人がメールで秘密保持による援助を受けられることを知る手助けとなればと思います」

ヘッドストック・フェスティバルは昨年10月、世界自殺予防デーに際してマンチェスターにAkse P19によるジョイ・ディヴィジョンの壁画を登場させている。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ