PRESS

Photo: PRESS

イマジン・ドラゴンズは『ジミー・キンメル・ライヴ!』で最新作より“Wrecked”を披露した映像が公開されている。

“Wrecked”は9月3日にリリースされた通算5作目となる最新作『マーキュリー – アクト1』に収録されている。

パフォーマンス映像はこちらから。

“Wrecked”は2019年にガンで亡くなったダン・レイノルズの義理の妹であるアリーシャ・ダーツキー・レイノルズをインスピレーションとしたものとなっている。「彼女は最も明るい光でした」と彼は語っている。「彼女に会った人は全員楽しさと強さの光を見ました。彼女の突然の死は、私の心を揺さぶり、いまだに言葉にできないほどです」

「亡くなった時、彼女の兄妹と一緒にいて、このような形で死を目撃するのは初めてでした。彼女が亡くなったとき、人生の儚さを心に刻みました。兄弟は誰もすべきじゃない表情をしていて、それを私は見ていました。でも、彼の信念が将来的には希望をもたらすことは分かっていました。私も同じことを望むしかありませんでした」

新作はリック・ルービンをプロデューサーに迎えて制作されており、ダン・レイノルズはそのことについて次のように語っている。「ルービンは気に入らないことは遠慮なく言ってくれたが、なかでも重要だったのは『この歌詞は私に対して正直ではないように感じる』などと言ってくれたことだ」

最新作のストリーミングはこちらから。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ