GETTY

Photo: GETTY

ガールズ・アラウドのサラ・ハーディングは乳ガンで亡くなったことが家族によって発表されている。享年39歳だった。

サラ・ハーディングは昨年、乳ガンと診断されており、8月にガンが他にも転移していることをファンに明かしていた。

現地時間9月5日、サラ・ハーディングの母親であるマリーはインスタグラムの投稿で訃報を発表している。

「深い傷心と共に本日、私の美しい娘であるサラが悲しくも亡くなったことを発表します」

「みなさんの多くがサラがガンと闘っていたことを知っていると思います。そして、最後の日まで彼女は病気と力強く闘っていたことを分かってくれると思います」

投稿は次のように続いている。「彼女は今朝穏やかに旅立ちました。1年以上にわたってやさしく応援してくれたみなさんに感謝させてください。それはサラにとって心強いもので、大きな強さを与えてくれて、彼女は自分が愛されていることを知って喜んでいました」

「彼女はひどい病気との闘いで覚えられたくないと思っていたことを私は分かっています。彼女はまばゆく輝く星でした。代わりに彼女はそうやって覚えてもらえたらと思います」

サラ・ハーディングの訃報を受けて音楽界からは追悼の声が寄せられている。

ガールズ・アラウドのメンバーであるネイディーン・コイルとニコラ・ロバーツはソーシャル・メディアの追悼の意を表している。ネイディーン・コイルは「完全に打ちひしがれています。この女性に私が感じていること、彼女がどれだけ大切だったかを表現できる言葉が見当たりません。多くの人が同じように感じていることが私には分かります。今はみなさんに多くの愛を送ります」と述べている。

ニコラ・ロバーツはインスタグラムで「私の心は傷んで」いて「この日が来てしまったことを受け入れられない」と述べている。「言うべきことはたくさんあるんですが、まず、それをここで出すにはパーソナルなことだと思うから、彼女について悲しんでいる人が他にもたくさんいることを思い出します」と彼女は続けている。「私やみんなの一部がもうなくなってしまいました。それは考えられないことで、痛ましく、まったくもって残酷なことです。彼女は今日みんなのメッセージを気に入ってくれると思います」

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ