GETTY

Photo: GETTY

スパイス・ガールズはデビュー・アルバムの25周年を記念して、ボーナストラックやBサイド、未発表音源を収録したデラックス・エディションがリリースされることが決定している。

『スパイス25』と題された本作はA5のハードカバーの書籍型のパッケージに2枚のCDが梱包されるもので10月29日にリリースされる。アナログ盤やカセットテープも発売され、アップル・ミュージックではドルビーアトモス仕様の独占リマスター音源が配信される。

それに合わせて“Say You’ll Be There”の、ジャド・ランダーのハーモニカをサックスに差し替えたバージョンが公開されている。

25周年についてメラニー・ブラウンは次のように語っている。「私が望むことはゲイもストレートもブラウンもブラックもシャイな人も派手な人も自分自身であることを祝福して、自分に対して自由でいられるようにみんなが感じてほしいということなの」

「25年を経て望むのは、そうしたメッセージが力強くクリアに伝わることなの。最終的に愛こそがみんなの求めるものだというのが事実よね。スパイス・ガールズのアルバムを買ってくれた人、私たちを見るために雨の中で待っていた人、ピンクの服やジャージ、赤毛のかつら、ヒョウ柄のキャットスーツを身に着けていた人、ヴィクトリア風の唇をしていた人、すべての人に感謝したいわ」

ジェリ・ハリウェルは次のように続けている。「憧れていた最初の小さな一歩からスパイス・ガールズのチームで世界を支配するまで、私たちを応援して、活動を追ってくれて、夢を共有してくれた人たちへの感謝は足りることはなかったわ。純粋な魔法のような25年間だった。スパイス・ガールズよ、永遠に」

1996年にリリースされた『スパイス』は女性グループによる史上最多売上を記録しており、“Wannabe”、“2 Become 1”、“Say You’ll Be There”といった楽曲が収録されている。

7月にスパイス・ガールズは新しいEPをリリースしており、未発表曲“Feed Your Love”が公開されている。

先日、メラニー・チズムはスパイス・ガールズでできるだけ早くツアーに出たいと語っている。

「もう一度死ぬほどやりたいわ。世界がどうなるのか、待っているところなの。まだブッキングはしてないけれど、その時を待っているのよ。でも、間違いなくできるようになったら、実現すると思っている」

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ