YouTube / GETTY

Photo: YouTube / GETTY

キャロルズドーターはレディオヘッドの名曲“Creep”をカヴァーした音源が公開されている。

本名をテア・テイラーというキャロルズドーターはコヒード&カンブリアとザ・ユーズドのツアーを行う予定となっているほか、マシン・ガン・ケリーともツアーを行う予定となっている。

1993年発表の『パブロ・ハニー』に収録されている“Creep”だが、キャロルズドーターはファンによるリミックスをオンラインで見て、それを受けてリアルなバージョンを制作することになったという。

「私はずっとレディオヘッドのファンでした」とキャロルズドーターは声明で述べている。「ギターでオンラインでこの曲をよく弾いていましたが、ファンがその映像を撮影してリミックスを造ってくれたのです。聴いてみたら、そのサウンドがクールで、実際にカヴァーすることに決めました。というのも、この曲が大好きだったからです」

彼女は次のように続けている。「私にとっては世界で最高の曲の一つです。そして、古びることはありません」

“Creep”のカヴァー音源はこちらから。

先日、レディオヘッドのトム・ヨークとジョニー・グリーンウッド、サンズ・オブ・ケメットのドラマーであるトム・スキナーによるサイド・プロジェクト、ザ・スマイルはアルバムを完成させたと報じられている。

コーダ・コレクションにおける新たなインタヴューでレディオヘッドの長年のコラボレーターであるナイジェル・ゴッドリッチはザ・スマイルと仕事をしていたことを明かしており、リリース日やアルバム・タイトルといった詳細は明らかにしていないものの、そのサウンドについて「ロック・アルバムではない」と評している。

「興味深い並列となっていてね。でも、つじつまが合っているんだ。筋が通っているんだよ」

ナイジェル・ゴッドリッチはドラマーのトム・スキナーについても「素晴らしいミュージシャンで、素晴らしい人」と賛辞を寄せている。

「彼はイギリスのジャズの革新者であるシャバカ・ハッチングスと共にサンズ・オブ・ケメットの一員だけど、たくさんのセッションの仕事をやってきたんだ。彼に注目が集まるのを見ることができて、自分としては嬉しく思っているんだよね」

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ