GETTY

Photo: GETTY

ビースティ・ボーイズは、MCAことアダム・ヤウクが2012年に逝去したことを受け、今後、ビースティ・ボーイズとしてのライヴを行う予定がないことを明言した。

このニュースは、残る2人のメンバー、マイク・ダイヤモンド(マイクD)とアダム・ホロヴィッツ(アドロック)が最近、ビースティ・ボーイズのサブ・フレーズとして「live performances by a musical group(ミュージック・グループによるライヴ・パフォーマンス)」を米国特許商標庁に商標出願したことが発端となっている。

このフレーズを出願したことで、一部のファンの間でマイクDとアドロックが復活ライヴを計画しているのではないかと憶測が流れていた。しかし『ピッチフォーク』に彼らの代理人が語ったところによると、「彼らはアダム・ヤウクなしで二度とライヴを行う気はない」としている。

アダム・ホロヴィッツはアダム・ヤウクの死を受け、今後ビースティ・ボーイズとして新曲を作る予定はないとすでに明確にしていた。しかしながら、この発表によって、将来またグループのライヴを見られる日が来るのではという希望は完全に打ち砕かれることになった。

アドロックは今年初め、『NME』のインタビューで「アダムがバンドを始めたんだ。彼がいなければ僕らは何もできないよ」とコメントしている。しかし、アダム・ホロヴィッツは、ビースティ・ボーイズとしてではないが、マイク・ダイヤモンドと一緒に仕事をする可能性を示唆し、「僕らは、そのうち何かを一緒にやろうと思っている」と付け加えた。

アドロックとマイクDは、2013年にヨーコ・オノ・プラスティック・オノ・バンド の“Bad Dancer”に一緒に参加している。

また、アダム・ホロヴィッツは、2017年まで発売が延期されたビースティ・ボーイズの自伝についてもコメントを残している。「毎日執筆するようにしてるよ。だからってヒマなわけじゃないからね! 僕たちが書く内容には、ニューヨークのことがたくさん書かれてる。意図的にそうしてるんだ」

一方、発売から約30年近くが経つ彼らのデビュー・アルバム『ライセンス・トゥ・イル』がダイヤモンド・ディスクに認定されている。ヒップホップ界で他にこの快挙を成し遂げたアーティストには2パック、エミネム、アウトキャストなどがいる。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ