Steve Gullick

Photo: Steve Gullick

フィーダーは通算11作目のアルバム『トーピドゥー』の詳細を発表して、アルバム・タイトル曲が公開されている。

2019年発表の『タルーラ』に続く新作は2022年3月18日にリリースされる。バンドはその翌月からUKツアーを行う予定となっている。

「ライヴができなかったフラストレーションを経て、ヘヴィかつメロディックなフィーダーのクラシックな楽曲と共に戻ってきたかったんだ」とフロントマンのグラント・ニコラスは述べている。

「そうした感情やフラストレーションがクリエイティヴな波を起こすことになった。音楽的にも力学的にも“Torpedo”は明らかに最初にリリースすべき曲だと思った。コーラスにはダークなヴァースに光をもたらす一縷の前向きさがあったんだ」

ツアーについて彼は次のように続けている。「もう一度ツアーに出て、新しいアルバムの曲を演奏するのを楽しみにしているよ。最近の中ではフィーダーでも最もヘヴィなセットリストになるから待ちきれないよ。昔のヘヴィな曲もやるかもしれないし、『レネゲイズ』や『オール・ブライト・エレクトリック』の曲もやるかもしれないね」

“Torpedo”の音源はこちらから。

『トーピドゥー』のUKツアーは4月23日のベックスヒル公演から始まり、5月6日のブリクストン・アカデミー公演で締めくくられる。

新作のトラックリストは以下の通り。

1. ‘The Healing’
2. ‘Torpedo’
3. ‘When It All Breaks Down’
4. ‘Magpie’
5. ‘Hide And Seek’
6. ‘Decompress’
7. ‘Wall Of Silence’
8. ‘Slow Strings’
9. ‘Born To Love You’
10. ‘Submission’
11. ‘Desperate Hour’ (Exclusive CD track)

昨年、フィーダーは国民保険サービスの医療従事者のために2001年発表のシングル“Just A Day”のミュージック・ビデオをリメイクしている。

この新たなミュージック・ビデオは医療保護具を国民保険サービスに提供するスクラブ+フェイス・プロテクション・ハブやマスク・フォー・NHSヒーローズへの認知を高めるものとなっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ