GETTY

Photo: GETTY

ポール・マッカートニーは享年80歳で亡くなったザ・ローリング・ストーンズのドラマーのチャーリー・ワッツに追悼の意を表明している。

ポール・マッカートニーはチャーリー・ワッツに追悼の意を表している多くのミュージシャンの1人となっていて、「大きな打撃」と評している。

「ザ・ローリング・ストーンズのドラマーであるチャーリー・ワッツが亡くなったことを聞いて本当に悲しい」とポール・マッカートニーはソーシャル・メディアに投稿している。

「彼は素敵な人だった。病気なのは知っていたけど、ここまでの病気とは知らなかった。家族、奥様、子どもたち、親類の方々に多くの愛を。そして、ザ・ローリング・ストーンズにはお悔やみを申し上げます。バンドにとっては大きな打撃になるだろう。チャーリー・ワッツはロックで、素晴らしいドラマーで、頼りがいのある人だった」

ポール・マッカートニーは次のように続けている。「愛しているよ、チャーリー。常に大好きだった。素敵な人だった。家族にはお悔やみを申し上げます」

リンゴ・スターもソーシャル・メディアでチャーリー・ワッツに追悼の意を表している。「神の御加護をチャーリー・ワッツに。君を惜しむことになるだろうね。愛と平穏を遺族に」

チャーリー・ワッツは1963年からザ・ローリング・ストーンズに在籍している。チャーリー・ワッツはミック・ジャガーとキース・リチャーズと共に2016年発表のカヴァー・アルバム『ブルー&ロンサム』まですべてのアルバムに参加している唯一のメンバーとなっている。

ファンは訃報を受けてチャーリー・ワッツが参加した最後のザ・ローリング・ストーンズのライヴ映像をシェアしている。チャーリー・ワッツが参加した最後のザ・ローリング・ストーンズのライヴはノー・フィルター・ツアーの一環だった2019年8月30日のフロリダ公演となっている。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ