Bill Berstein

Photo: Bill Berstein

ポール・マッカートニーはキャリアを振り返る著書『ザ・リリックス(原題)』に掲載される154曲を公開している。

11月2日に刊行される本書は子どもの頃の曲やザ・ビートルズやウイングスの曲、長きにわたるソロ・キャリアの曲を通してポール・マッカートニーの人生を振り返るものになるという。

本書には自身のアーカイヴから未公開の下書きや手紙、写真も掲載される。

アルファベット順に編纂された本書は時系列順というよりは多面的なものになっていて、初めて曲の背景を明らかにするテキストが添えられ、曲を書いた時の状況や影響を与えた人や場所、今どう思うかなどが明らかにされる。

「数え切れないほど、自伝を書かないのかと訊かれてきたんだけど、ふさわしい時というのがなかったんだ」とポール・マッカートニーは序文で述べている。

「常にやろうとしてきたのは家にいる時でもツアーに出ている時でも新しい曲を書くことだったからね。ある年齢に達すると、過去の日々の出来事を振り返る日記に立ち返りたい人がいるというのも分かる。だけど、自分にはそういうノートブックはなかったんだ。僕にあったのは自分の曲で、数百もの曲は同じ役割を果たすことが分かったんだ。これらの曲は僕の人生を振り返るものなんだよ」

「僕の書いてきたものがこれまで見たことのない僕の人生や僕の曲についての何かを提示できることを願っているよ。音楽がどう生まれ、それが僕にとってどんな意味を持つかを書こうとしたんだ。僕以外の人々にとっても意義あるものになることを願っている」

現地時間8月23日、本書に掲載される154曲が公開されている。

曲目は以下の通り。

Volume 1

‘All My Loving’
‘And I Love Her’
‘Another Day’
‘Arrow Through Me’
‘Average Person’

‘Back In The U.S.S.R’
‘Band On The Run’
‘Birthday’
‘Blackbird’

‘Café On The Left Bank’
‘Calico Skies’
‘Can’t Buy Me Love’
‘Carry That Weight’
‘Check My Machine’
‘Come And Get It’
‘Coming Up’
‘Confidante’
‘Cook Of The House’
‘Country Dreamer’

‘A Day In The Life’
‘Dear Friend’
‘Despite Repeated Warnings’
‘Distractions’
‘Do It Now’
‘Dress Me Up As A Robber’
‘Drive My Car’

‘Eat At Home’
‘Ebony And Ivory’
‘Eight Days A Week’
‘Eleanor Rigby’
‘The End’

‘Fixing A Hole’
‘The Fool On The Hill’
‘For No One’
‘From Me To You’

‘Get Back’
‘Getting Closer’
‘Ghosts Of The Past Left Behind’
‘Girls’ School’
‘Give Ireland Back To The Irish’
‘Golden Earth Girl’
‘Golden Slumbers’
‘Good Day Sunshine’
‘Goodbye’
‘Got To Get You Into My Life’
‘Great Day’

‘A Hard Day’s Night’
‘Helen Wheels’
‘Helter Skelter’
‘Her Majesty’
‘Here, There And Everywhere’
‘Here Today’
‘Hey Jude’
‘Hi, Hi, Hi’
‘Honey Pie’
‘Hope Of Deliverance’
‘House Of Wax’

‘I Don’t Know’
‘I Lost My Little Girl’
‘I Saw Her Standing There’
‘I Wanna Be Your Man’
‘I Want To Hold Your Hand’
‘I Will’
‘I’ll Follow The Sun’
‘I’ll Get You’
‘I’m Carrying’
‘I’m Down’
‘In Spite Of All The Danger’
‘I’ve Got A Feeling’

‘Jenny Wren’
‘Jet’
‘Junior’s Farm’
‘Junk’

‘The Kiss of Venus’

‘Lady Madonna’
‘Let Em In’
‘Let It Be’
‘Let Me Roll It’
‘Live And Let Die’
‘London Town’
‘The Long And Winding Road’
‘Love Me Do’
‘Lovely Rita’

Volume 2

‘Magneto And Titanium Man’
‘Martha My Dear’
‘Maxwell’s Silver Hammer’
‘Maybe I’m Amazed’
‘Michelle’
‘Mother Nature’s Son’
‘Mrs Vanderbilt’
‘Mull Of Kintyre’
‘My Love’
‘My Valentine’

‘Nineteen Hundred And Eighty Five’
‘No More Lonely Nights’
‘The Note You Never Wrote’
‘Nothing Too Much Just Out Of Sight’

‘Ob-La-Di Ob-La-Da’
‘Oh Woman, Oh Why’
‘Old Siam, Sir’
‘On My Way To Work’
‘Once Upon A Long Ago’
‘Only Mama Knows’
‘The Other Me’

‘Paperback Writer’
‘Penny Lane’
‘Picasso’s Last Words’
‘Pipes Of Peace’
‘Please Please Me’
‘Pretty Boys’
‘Pretty Little Head’
‘Put It There’

‘Rocky Raccoon’

‘San Ferry Anne’
‘Say Say Say’
‘Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band’
‘She Came In Through The Bathroom Window’
‘She Loves You’
‘She’s A Woman’
‘She’s Given Up Talking’
‘She’s Leaving Home’
‘Silly Love Songs’
‘Simple As That’
‘Single Pigeon’
‘Somedays’
‘Spirits Of Ancient Egypt’

‘Teddy Boy’
‘Tell Me Who He Is’
‘Temporary Secretary’
‘Things We Said Today’
‘Ticket To Ride’
‘Too Many People’
‘Too Much Rain’
‘Tug Of War’
‘Two Of Us’

‘Uncle Albert/Admiral Halsey’

‘Venus And Mars’

‘Warm And Beautiful’
‘Waterfalls’
‘We All Stand Together’
‘We Can Work It Out’
‘We Got Married’
‘When I’m Sixty-Four’
‘When Winter Comes’
‘Why Don’t We Do It In The Road?’
‘With A Little Help From My Friends’
‘Women And Wives’
‘The World Tonight’
‘The World You’re Coming Into’

‘Yellow Submarine’
‘Yesterday’
‘You Never Give Me Your Money’
‘You Tell Me’
‘Your Mother Should Know’

新刊の刊行に合わせて大英図書館では無料の展覧会「ポール・マッカートニー:ザ・リリックス」が11月5日から3月13日まで開催されることが決定している。

先日、俳優のトニー・ウェイは亡くなったことが発表されたコメディアンのショーン・ロックのおかげでポール・マッカートニーに会えたことを振り返っている。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ