GETTY

Photo: GETTY

レディオヘッドのジョニー・グリーンウッドは来月開催されるエンド・オブ・ザ・ロード・フェスティバルで最終日の映画上映のキュレーションを手掛けることが決定している。

ラーマー・ツリー・ガーデンズで開催される今年で15年目を迎えるエンド・オブ・ザ・ロード・フェスティバルは9月2日から5日にわたって開催される。フェスティバルにはホット・チップ、キング・クルール、スリーフォード・モッズらが出演する。

エンド・オブ・ザ・ロード・フェスティバルは今回2021年の映画上映についての詳細を発表している。

レディオヘッドのジョニー・グリーンウッドは9月5日の映画上映のキュレーションを手掛け、『ミッドサマー』、『上流社会』、『北北西に進路を取れ』といった作品が上映される。

『フリー・ファイヤー』や『ハイ・ライズ』を手掛けたベン・ウィートリー監督が金曜日と土曜日のキュレーションを手掛けており、『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』や『センサー』、『ボーダーランズ』といった作品が上映される。

スクイッドのドキュメンタリー『エクスパディング・イン・スペース』も土曜日に初上映される。

一方、ジョニー・グリーンウッドはダイアナ妃の伝記映画『スペンサー(原題)』の音楽を手掛けることが発表されている。パブロ・ララインが監督を務める本作は『ピーキー・ブラインダーズ』を手掛けたスティーヴン・ナイトが脚本を手掛け、クリステン・スチュワートがダイアナ妃を演じる。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ