GETTY

Photo: GETTY

エヴァリー・ブラザースの最後の存命中のメンバーだったドン・エヴァリーが亡くなった。享年84歳だった。

ドン・エヴァリーは現地時間8月22日にナッシュヴィルの自宅で亡くなったことが遺族によって『ロサンゼルス・タイムズ』紙で発表されている。死因については明らかにされていない。

「彼は心の思うままに生きてきました。ドンはソウルメイトと妻のアデラと共に夢を叶えることができたこと、エヴァリー・ブラザースとして知られることになる音楽を発表できたことに感謝を表明していました」

音楽界からは追悼の声が寄せられている。

ドン・エヴァリーは1937年2月1日に炭坑夫からミュージシャンになったアイク・エヴァリーの息子として生まれた。

アイク・エヴァリーはビル・モンローにギターを教えたことで知られるアーボル・シュルツからギターを教わっている。1930年代にアイク・エヴァリーはミュージシャンとしてのキャリアを始めるためにシカゴに移っている。

2人の息子のハーモニーを発見した一家は一緒に音楽を作り始め、1940年代にラジオ番組を始め、人々の関心を集めている。

ラジオ番組の成功を受けて、アイク・エヴァリーは2人の息子をナッシュヴィルに連れていき、そこでレコード契約を結んでいる。1957年に2人は正式にエヴァリー・ブラザースを結成しており、そのハーモニーですぐさま名声を集めている。

1957年から1962年にかけてエヴァリー・ブラザースは“Bye Bye Love”、“All I Have to Do Is Dream”、“Cathy’s Clown”といった15曲のトップ10ヒットを生み出し、“All I Have to Do Is Dream”と“Cathy’s Clown”は全米シングル・チャート1位を記録している。

エヴァリー・ブラザースはザ・ビートルズやサイモン&ガーファンクルといったグループに多大な影響を与えている。

エヴァリー・ブラザースはエルヴィス・プレスリー、チャック・ベリー、リトル・リチャード、バディ・ホリーと共に1986年に最初にロックの殿堂入りを果たしたアーティストとなっている。

エヴァリー・ブラザースは21枚のスタジオ・アルバムと複数のコンピレーション・アルバムをリリースしており、ドン・エヴァリーは『サンセット・タワーズ』や『ブラザー・ジュークボックス』といったソロ・アルバムもリリースしている。

兄弟のフィル・エヴァリーは2014年に肺疾患で亡くなっている。享年74歳だった。

ドン・エヴァリーは母親のマーガレット、妻のアデラ、子どものイダン、ヴェネツィア、ステイシー、エリンに看取られている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ