GETTY

Photo: GETTY

ハッピー・マンデーズのフロントマンであるショーン・ライダーはノエル・ギャラガーとのコラボレーションについて語っている。

このコラボレーションについては今年4月にショーン・ライダーのバンドメイトであるベズによって『NME』に明かされており、「あれはビッグになるよ。全英シングル・チャートの1位になるね」と語っていた。「マンチェスターのレジェンド2人が一緒に歌っているんだ。素晴らしいサウンドだよ」

今回、ショーン・ライダーはこのコラボレーションについて「素晴らしいサウンド」で、「主にノエルがやってきたこととは違う」と語っている。

ショーン・ライダーは次のように続けている。「彼が自分のアルバムでやっていることとは違うんだ」

彼はそのサウンドについて90年代にルースレス・ラップ・アサシンズのメンバーと結成したブラック・グレープに喩えている。

「ノエルから受け取ったものは僕の書いたもの、ちょっとブラック・グレープっぽいものと彼のやっていることを混ぜたものにしたかったみたいなんだ。ブラック・グレープとノエル・ギャラガーを一緒にしたものになっているんだ」

ノエル・ギャラガーとのコラボレーションについてショーン・ライダーは次のように語っている。「彼は全面的にやってくれたんだ。彼には幅広い音楽的影響があるからね。やりたいことをできるんだよ」

コラボレーションした楽曲は独立したシングルとしてリリースされる予定になっている。

ノエル・ギャラガーは先日、ショーン・ライダーの楽曲について次のように語っている。「ショーン・ライダーの新曲は聴いたかい? 彼の新しいシングルは“Mumbo Jumbo”っていうんだ。これがすごいんだよ。とんでもないんだ。これまでやってきたものとは違うんだよ」

インタヴューではアラン・マッギーがノエル・ギャラガーとショーン・ライダーを結びつけたことが明らかにされている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ