GETTY

Photo: GETTY

ナイン・インチ・ネイルズは新型コロナウイルスに対する懸念から予定されていたライヴ出演を辞退することを発表している。

トレント・レズナー率いるナイン・インチ・ネイルズは9月21日・23日にオハイオ州クリーヴランドのジェイコブス・パヴィリオンで公演を行う予定となっていた。

ナイン・インチ・ネイルズは他にも9月16日から19日に開催されるライオット・フェスト、9月23日から26日に開催されるラウダー・ザン・ライフ、11月11日から14日に開催されるウェルカム・トゥ・ロックヴィルでヘッドライナーを務める予定となっていた。

しかし、ナイン・インチ・ネイルズはソーシャル・メディアで今年のツアーを「大きな後悔」と共にキャンセルすることを発表している。

「元々予定していた時はこれらのライヴはライヴ・ミュージックのカタルシス的な祝福すべき復活となることを意図していました」とナイン・インチ・ネイルズは述べている。「しかし、日が経つにつれて、私たちはまだその場所にいないことが明らかになってきました」

バンドは次のように続けている。「御不便と御迷惑をかけることをお詫びします。適切な時にもう一度みなさんと会えるのを楽しみにしています」

ライオット・フェストは次のように述べている。「ナイン・インチ・ネイルズは今年のフェス出演を含む公演をキャンセルしました。木曜日はモリッシーが出演してスペシャル・ゲストをキュレーションするほか、日曜日はスリップノットが締めくくります。さらに出演者は発表されます」

一方、ラウダー・ザン・ライフは土曜日の代わりのヘッドライナーを「まもなく」発表すると述べている。ウェルカム・トゥ・ロックヴィルもほぼ同様の発表を行っている。

ナイン・インチ・ネイルズは来年フランスで開催されるヘルフェスでメタリカガンズ・アンド・ローゼズ、スコーピオンズと共にヘッドライナーを務める予定となっている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ