GETTY

Photo: GETTY

ニッケルバックは2005年発表の“Rockstar”について著作権侵害を申し立てた裁判に応じるよう判事が裁定している。

著作権侵害の裁判はスノーブラインド・リヴァイヴァルの元メンバーであるカーク・ジョンストンによって起こされたものとなっている。裁判はニッケルバック、レーベルのロードランナー、音楽出版社のワーナー・チャペル、プロモーターのライヴ・ネイションを相手取ったものとなっている。被告側は2020年10月に裁判を棄却するよう求めている。

カーク・ジョンストンはスノーブラインド・リヴァイヴァルで2001年に“Rock Star”のマスター音源を制作し、そのコピーをロードランナーを所有するユニバーサル・ミュージック・グループ、ワーナー・チャペルを所有するワーナー・ミュージック・グループなどに送ったとしている。スノーブラインド・リヴァイヴァルはユニバーサル・ミュージック・グループと対面のミーティングも行ったという。

カーク・ジョンストンは彼の作曲したものが4年後にリリースされた『オール・ザ・ライト・リーズンズ』に収録された“Rockstar”で「テンポ、曲の形式、メロディーやハーモニーの構造、歌詞のテーマ」など「相当量」がコピーされたと主張している。彼はユニバーサルやワーナーの担当者がマスター音源を受け取った時点でニッケルバックがスノーブラインド・リヴァイヴァルの楽曲にアクセスすることができたと述べている。

被告側は「基本的に問題の作品は普通に聴いてみれば全く似ていない」と主張している。

2曲の音源はこちらから。

治安判事のスーザン・ハイタワーはカーク・ジョンストンの訴えが「推測の域を超えて法廷の段階が必要な域に達した」として、ニッケルバックの“Rockstar”との「実質的な類似性について十分主張している」と述べている。

スーザン・ハイタワーは2曲を聴いて「合理的な陪審員が著作権で保護されている要素を2曲が共有していると判断する可能性がある」と思ったとのことで、ただし原告が2曲の間に「決定的な類似性」があることを証明したと判断したわけではないとも述べている。

スーザン・ハイタワーは裁判を棄却するよう求めるニッケルバックの主張を退けたが、ライヴ・ネイションについては「著作権侵害に関与したり、それを認識していた事実に基づいた主張はない」として被告の立場から外している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ