GETTY

Photo: GETTY

エアロスミスのギタリストであるジョー・ペリーはかつてスティーヴン・タイラーの代役にサミー・ヘイガーを立てることをかつて考えていたと語っている。

ジョー・ペリーによれば、これは約20年前に話し合われたとのことで、スティーヴン・タイラーは当時『アメリカン・アイドル』の審査員を務めるなど、エアロスミス以外の活動を行っており、ジョー・ペリーはスティーヴン・タイラーがバンドと距離を取ろうとしていると考えていたという。

『アルティメット・クラシック・ロック』の新たなインタヴューでジョー・ペリーはレニー・クラヴィッツ、クリス・コーネル、ポール・ロジャース、ビリー・アイドルらが代役として検討されていたと語っている。

ジョー・ペリーはサミー・ヘイガーが代役を受け入れそうになったが、最終的にスティーヴン・タイラーはバンドを続けることになったと語っている。

「これも当時あったことの一つだよね。多くの衝突なしにバンドを続けていくことはできないんだよ」

「でも、いずれにせよ、長年やっていると、抜け出して自分のやりたいことをやらざるを得なくなるんだよ。スティーヴン・タイラーはテレビ番組をやっていて、いいことだと思ったのを覚えているよ」と彼は語っている。「彼がそういうことをやって、ソロ作をやらなきゃいけないことは分かっていたよ。そうなるとバンドはスケジュールに余裕が出てくるわけで、弁護士や別のマネージャーなど、関わっている人がたくさんいるから、話が出てくるんだよ」

「スティーヴンは4年ほどバンドを離れたいと考えていたと思う。それで自分やりたいことをやりたかったんだ。そうなると別のリード・シンガーを探すことになるわけで、すぐにそういうことが頭に浮かんだんだよ」

サミー・ヘイガーについてジョー・ペリーは次のように語っている。「どうしてなくなったのかは覚えていないけど、サミー・ヘイガーが気さくで、やりやすい人だというのは分かっていたからね。彼は素晴らしい声も持っていたしね。そうしたアイディアが出てきた理由は理解できるよ」

「でも、当時は候補リストもあったと思うよ。それぞれ話は進んだけど、みんな、自分のやりたいことがあって、それでゆっくりと元に戻っていったんだ」

先日、エアロスミスのブラッド・ウィットフォードはイギリスのEU離脱に関連したビザの問題によってUKやヨーロッパのツアーが実現するかは分からないと語っていた。

エアロスミスは2020年に当初行われる予定だったが、新型コロナウイルスのパンデミックによって2021年に延期されていた。こちらは更に延期されて、2022年に開催予定となっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ