GETTY

Photo: GETTY

ビリー・アイリッシュはBBCラジオ1の『ライヴ・ラウンジ』でジュリー・ロンドンが1955に発表したジャズの名曲“I’m In The Mood For Love”をカヴァーしている。

ビリー・アイリッシュは兄でコラボレーターのフィニアスがアコースティック・ギターを弾く形でカヴァーしている。

“I’m In The Mood For Love”は1935年に最初に公開された曲で、フランセス・ラングフォードによるバージョンが広まることになった。以降、多くのアーティストがカヴァーしてきており、ジュリー・ロンドンのバージョンが最もよく知られている。

ビリー・アイリッシュは最新作『ハピアー・ザン・エヴァー』より“I Didn’t Change My Number”、“NDA”、“Getting Older”も披露している。

一方、ビリー・アイリッシュは来たるコンサート・フィルム『ハピアー・ザン・エヴァー:L.A.へのラブレター』のティーザー映像が公開されている。

『ハピアー・ザン・エヴァー:L.A.へのラブレター』は7月に発表された作品で、他にも『ビリー・アイリッシュ:世界は少しぼやけている』が日本では6月25日より全国で劇場公開されている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ