GETTY

Photo: GETTY

ウェールズの環境相であるジュリー・ジェームスはエイフェックス・ツインの姉であること、エイフェックス・ツインの音楽についての考えを明かしている。

5月に環境相に就任したジュリー・ジェームスはエイフェックス・ツインとして知られるリチャード・D・ジェームスの姉で、BBCのインタヴューでその関係性について語っている。

ジュリー・ジェームスは人前に姿を見せないことで知られる弟はよく彼女の下を訪ねてくると語っており、弟の作品のファンではあるものの、「全部ではない」と述べている。

「(俳優の)チャーリー・ブルッカーが昔言っていたと思うんだけど、彼の作品の中には1時間CTスキャナーの中にいるようなものもあります」と彼は語っている。「でも、素晴らしいものもあります。彼は美しいジャズも書いているんです。フィリップ・グラスとのコラボレーションもやっていましたが、あれも素晴らしいです。アンビエント作品の多くも素敵です」

ジュリー・ジェームスは彼女も家族も「彼のことを非常に誇りに思っている」と語っている。彼女は第一大臣およびウェールズ労働党の党首だったカーウィン・ジョーンズが2018年12月に辞任した時に彼に2018年発表の『コラプスEP』のアナログ盤を贈ったことも明かしている。

一方、エイフェックス・ツインはイギリスの企業であるオッドサウンドと協力して新たなシンセサイザーのプラグインを開発していることが明らかになっている。また、エイフェックス・ツインはNFTで新たな一点もののアート作品をオークションにかけ、12万8000ドル(約1400万円)で売却されている。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ