PRESS

Photo: PRESS

ホリー・ハンバーストーンは2枚目となるEP『ザ・ウォールズ・アー・ウェイ・トゥー・シン』をリリースすることを発表している。

2020年発表の『フォーリング・アスリープ・アット・ザ・ホイール』に続くEPは11月5日にリリースされる。

EPのリリースに先立ってホリー・ハンバーストーンはザ・1975のマット・ヒーリーとの共作で、トラムライン・フェスティバルで初披露されていた“Please Don’t Leave Just Yet”の正式な音源を公開している。

「この曲はすごくまだ一緒にいてほしいことについての曲なの。たとえ5分であってもね。というのも、いなくなってしまったら、それだけ傷つくかを分かっているから」とホリー・ハンバーストーンは新曲について語っている。「自暴自棄とも言える言葉が当時私がどう感じていたか、去年、人との繋がりが完全になくなって、多くの人が感じたことを要約していると思う」

「頭の中のヴィジュアルから曲を書くことがよくあるの。人のいない場所を思い描いて、海へと抜けていき、今のところ帰る道は見つからず、古い捨てられた貨物置場があって、街の端の光が見えるの」

ホリー・ハンバーストーンはEPについて次のように語っている。「このEPは彷徨う感覚を体現している。その彷徨は私が誰なのか、どこに属するのかについて疑問を抱くようにさせる。だから、彷徨うことというのは誰かにもう一度自分を発見してもらう必要があることなのかもしれない。というのも、自分では自分自身を見つけられないから。それがリヴァプール、そしてロンドンに移って感じたことだった。都市を移動する時って、安心することはなかったから」

EPのトラックリストは以下の通り。

1. ‘Haunted House’
2. ‘The Walls Are Way Too Thin’
3. ‘Please Don’t Leave Just Yet’
4. ‘Thursday’
5. ‘Scarlett’
6. ‘Friendly Fire’

ホリー・ハンバーストーンは8月15日から18日にかけてロンドンのオメアラでソールドアウトの4公演を行うことが決定している。10月から11月にかけては本格的なUKツアーが行われる。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ