YoouTube

Photo: YoouTube

スケプタは新たなEPより新曲“Nirvana”のミュージック・ビデオが公開されている。

“Nirvana”はラテン界のスーパースターであるJ. バルヴィンを迎えた楽曲となっており、本日7月30日にリリースされたEP『オール・イン』には5曲が収録されている。スケプタにとって本作は2019年発表のアルバム『イグノランス・イズ・ブリス』以来のまとまったプロジェクトとなっている。

KLVDRが監督を務めた“Nirvana”のミュージック・ビデオはスケプタが執事として務めた初日にその家の女性に目を奪われ、情事に至ると、気づけば地下室の床に寝っ転がっており、椅子に縛り付けられたJ. バルヴィンを発見するというものとなっている。

“Nirvana”のミュージック・ビデオはこちらから。

新たなEP『オール・イン』のストリーミングはこちらから。

スケプタは先日『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』に提供した“Lane Switcha”がエイサップ・ロッキー、ジューシー・J、プロジェクト・パット、ポップ・スモークとのコラボレーションとなっている。

その前にはスケプタはキッド・カディの最新作『マン・オン・ザ・ムーンIII』に収録されている“Show Out”でポップ・スモークとコラボレーションしている。

また、スケプタはフューチャー、ミーゴスと共に今年のワイアレス・フェスティバルでヘッドライナーを務める予定となっている。

今年のワイアレス・フェスティバルは9月10日から12日にわたってロンドンのクリスタル・パレス・パークで開催される。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ