GETTY

Photo: GETTY

スマッシング・パンプキンズはギタリストのジェフ・シュローダーによれば、バンドは「次の大作に取り組んでいる途中」だという。

ジェフ・シュローダーは新たなインタヴューで昨年リリースされた『CYR』に続く新作の進捗について語っている。

「次の大作に取り組んでいる途中なんだ。これが『メロンコリーそして終りのない悲しみ』と『マシーナ』の続編になるんだと思う。三部作の最後で、よりコンセプトに基づいたアルバムなんだ。33曲収録されるんだよ」とジェフ・シュローダーは『オーディオ・インク・ラジオ』に語っている。

「長い間やっていて、ほぼ丸1年やっているんだ。でも、今はレコーディングの中盤でね。ジェイムス・イハと僕はロサンゼルスでやっているんだよ。ドラムは終わっていて、だからジミー・チェンバレンは自分のパートを終えているんだ。でも、ビリー・コーガンはシカゴでやっているんだよね。だから、苦労しながら進めているよ。たぶん、今年の残りも大半はこれにかかるんじゃないかな。壮大な作品だからね」

ジェフ・シュローダーは大作ゆえにアルバムに取り組むのは非常に大変だったと語っている。「ギター・プレイヤーの僕であっても、通常は新曲でたくさんのアイディアを試してみて、4曲ぐらいやったら『別のアイディアを思いついた』となって、そうやって懸命に取り組んで、最初の11曲ができたんだけどさ。『でも、まだ3分の1か。あと3分の2あるのか』という感じだからね」

彼は次のように続けている。「だから、深く掘り下げなきゃならないんだよ。自分の内面に何があるのかを確かめるために掘り下げなきゃならないんだ。この曲が求めているものは何だろう? 前回聴いたのと違うところはどこだろう?ってね。そう、アーティスティックにならなきゃならないんだ。大変で、失敗することもある。そういう時は次の日に戻ってきて、もう一度やってみるんだ。それだけの甲斐があるからね。『昨日はダメだったけど、同じ曲なのに今日はいいね』となるからね。だから、楽しくもあるんだよ」

スマッシング・パンプキンズは新たに『ライヴ・アット・ザ・ヴァイパー・ルーム1998』をリリースすることが決定している。スマッシング・パンプキンズは5月に『ライヴ・イン・ジャパン1992』もリリースしている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ