PRESS

Photo: PRESS

明日7月29日19時40分からニッポン放送で放送される箱根アフロディーテ50周年を記念したラジオ特番でピンク・フロイドのドラマーであるニック・メイスンと松任谷由実のメッセージがオンエアされることが決定している。

ニック・メイスンのインタヴューは7月22日にZoomを通して行われたもので、ニック・メイスンは当時を振り返り、今回新発見された映像と箱根の思い出を次のように語っている。

「箱根アフロディーテはとても興味深いコンサートだったよ。私たちも結構長い間話題にしていたんだ。異色の経験だったからね。ミニ・ウッドストックという感じで演奏していてとても心地よい環境だった。私たちの日本での演奏の中でもベストの部類に入るものだ。映像も見たよ。素晴らしかったね」

「50年前の私たちがどんないでたちでどんな音をやっていたかをスナップショットのようにとらえていた。そして、初めて日本に行った時のことを思い出したよ。並外れた大冒険のような気がしていたからね。アメリカのツアーはやっていたけど、当時の日本は私たちにとっては本当に異国で、日本のことはあまり知るよしもなかったんだ。うちの孫たちはスシやサシミが大好きで日本料理店が大のお気に入りだけど、私たちは……生魚の載ったお皿が出てきたときには唖然としたものだよ」

「日本のファンの皆さん、箱根アフロディーテで私たちがプレイしてから50年が経ったことを、一緒に祝うことができて嬉しいよ。あれは、私が今でも大きな愛着をもって記憶しているギグの1つであることは間違いない。他のメンバーもみなそう思っていると確信している。出演できて楽しかったし、私たちにとっては異国情緒を満喫できた特別なアドベンチャーだった」

パーソナリティは『箱根アフロディーテ』Aステージで進行を担当した亀渕昭信と、高校3年生で岩手から『箱根アフロディーテ』を観に行った伊藤政則となっている。

箱根アフロディーテは1971年(昭和46年)8月6日と7日、2日間に渡って箱根芦ノ湖畔北斜面特設ステージで開催された海外アーティストを招聘した日本初の野外ロック・フェスティバルとなっている。

番組の概要は以下の通り。

番組タイトル:『伝説の箱根アフロディーテから50年~ピンク・フロイド貴重音源、奇跡の発掘~』
放送日時:2021年7月29日(木)19時40分~21時20分 生放送
パーソナリティ: 亀渕昭信、伊藤政則
番組メールアドレス: pink@1242.com
radikoタイムフリーURL:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20210729194000

ピンク・フロイドはピンク・フロイドの「箱根アフロディーテ」から50周年を記念して、『原子心母』の7インチ紙ジャケットにCDと50年前の「箱根アフロディーテ」新発見映像をBlu-rayに収録した2枚組『原子心母(箱根アフロディーテ50周年記念盤)』が8月4日にリリースされることも決定している。

リリースの詳細は以下の通り。

ピンク・フロイド『原子心母(箱根アフロディーテ50周年記念盤)』 
Pink Floyd / Atom Heart Mother (Hakone Aphrodite 50 Anniversary Edition) 
2021年8月4日発売  SICP-6396~7 (CD+BD 2枚組)6,600円(税込)6000円(税抜) 
完全生産限定盤/日本独自企画/7インチ紙ジャケット仕様/5大特典封入
①「未発表写真満載!全60Pスペシャル・フォト・ブック」
②「箱根アフロディーテ・パンフレット」復刻
③「会場案内図チラシ」復刻 
④「大阪公演ポスター」復刻
⑤「箱根アフロディーテ・チケット」復刻
●デジタル・ブックレット『追憶の箱根アフロディーテ1971』
<DISC1:CD> 原子心母 Atom Heart Mother 
1.原子心母(父の叫び/ミルクたっぷりの乳房/マザー・フォア/むかつくばかりのこやし/喉に気をつけて/再現)  
2.もしも  
3.サマー’68  
4.デブでよろよろの太陽  
5.アランのサイケデリック・ブレックファスト(ライズ・アンド・シャイン/サニー・サイド・アップ/モーニング・グローリー)  
 
<DISC2:Blu-ray Disc> 
1.原子心母(箱根アフロディーテ1971)  
2.スコット&ワッツ(箱根アフロディーテB-Roll<ボーナス映像>) 

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ