GETTY

Photo: GETTY

P!NKはノルウェーのビーチハンドボール女子代表がビーチハンドボール欧州選手権でビキニの代わりに短パンを着用したことで罰金を課せられた件について罰金を支払うと申し出ている。

ノルウェー代表はブルガリアで開催されたビーチハンドボール欧州選手権の3位決定戦で、「不適切な衣装」を着用したとしてヨーロッパハンドボール連盟によって1500ユーロ(約19万5000円)の罰金を課されている。

ヨーロッパハンドボール連盟の懲罰委員会は声明で「ノルウェーチームが着用した短パンは、国際ハンドボール連盟のユニフォーム規則に違反した」と述べている。

ノルウェーハンドボール連盟は罰金を支払う準備があるとして、「ビーチハンドボールヨーロッパ選手権で声を上げて、もうたくさんだということを伝えた、これらの選手を誇りに思います」

「ノルウェーハンドボール連盟はあなたたちを支持しますし、応援します。一緒にユニフォームのルールを変更する闘いを続けていきます。そうすれば選手たちは納得できたユニフォームでプレイすることができます」

P!NKは週末のツイートで「性差別的なユニフォームのルールに抵抗した」チームを「非常に残りに思う」と述べている。

「ヨーロッパハンドボール連盟性差別で罰金を課されるべきな」と彼女は続けている。「素晴らしかったわ。喜んで私が罰金を代わりに払うわ。頑張って」

ノルウェー代表はインスタグラムのストーリーでP!NKに感謝の意を伝えており、「わお。応援に本当に感謝します」と述べている。

先月、P!NKはチャリティ・イベント「キャント・キャンセル・プライド」に出演したパフォーマーの1人となっている。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ