GETTY

Photo: GETTY

デヴィッド・ボウイのチームは3度彼のバンドに参加したジャズ・ギタリストのジョン・ハッチンソンが長年の病気を経て週末に病院で亡くなったことを受けて、追悼の意を表している。

デヴィッド・ボウイの公式ツイッター・アカウントは訃報を発表しており、彼のことを「1966年から1973年の7年間にわたって3度デヴィッド・ボウイのバンドに参加した、あまり知られていない半分引退していたジャズ・ギタリスト」と評している。

ジョン・ハッチンソンのデヴィッド・ボウイ作品への参加は“Space Oddity”の制作が最もよく知られており、いくつかの初期バージョンでギターを弾いている。1969年2月に“Space Oddity”の最初期のバージョンはデヴィッド・ボウイとジョン・ハッチンソンによってレコーディングされており、ジョン・ハッチンソンがギターを演奏して、デヴィッド・ボウイがシンセサイザーのスタイロフォンを演奏している。

アルバム『スペイス・オディティ』に収録されている“Space Oddity”にジョン・ハッチンソンは参加していない。しかし、彼が参加したデモ音源は2009年の再発時に収録されたほか、2019年にリリースされた7インチ・ボックス『クレアヴィル・グローヴ・デモ』にも収録されている。

ジョン・ハッチンソンは複数のバンドでデヴィッド・ボウイと共演しており、彼のウェブサイトによれば、1966年にイングランドでオーディションを受けている。彼はデヴィッド・ボウイ&ザ・バズの一員となり、ロンドンのマーキー・クラブで連続公演を行ったほか、テレビ出演やUKツアーも行っている。

1968年にジョン・ハッチンソンはデヴィッド・ボウイ、当時のボウイのパートナーであったヘルミオーネ・ファージンゲールと共にフェザーズを結成して、1968年9月から1969年にかけていくつかのコンサートを行っている。

1973年にデヴィッド・ボウイはスパイダーズ・フロム・マーズのツアー・メンバーにジョン・ハッチンソンを誘っており、『アラジン・セイン』のツアーで12弦ギターを担当して、アメリカ、イギリス、日本で公演を行っている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ