GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーの息子のジーン・ギャラガーとリンゴ・スターの孫であるソニー・スターキーは来年3月に喧嘩の件で裁判を受ける予定だという。

ジーン・ギャラガーとソニー・スターキー、モデルのノア・ポンテは2019年にハムステッドのテスコで店員との揉め事で罪を問われている。

容疑者全員は無罪を主張しており、2022年3月28日にウッド・グリーン裁判所で裁判が行われるまで無条件での保釈中となる。

リアム・ギャラガーとオール・セインツのニコル・アップルトンの息子であるジーン・ギャラガーはテスコの店員であるハイラン・ラジパットに人種的におとしめる言葉を発したとされている。

リンゴ・スターの孫であるソニー・スターキーはハイラン・ラジパットとシアム・パテルに暴力を振るったとされている。

一方、ノア・ポンテはアルコールを盗んで、シアム・パテルに暴力を振るい、人種的におとしめたとされている。

3人は罪を起訴されて、2020年2月に最初の裁判が開かれている。

現地時間7月16日に判事のノエル・ルーカスは来年3月に裁判を行うことを明らかにしている。裁判は刑事陪審員の前で最大8日にわたって行われる。

一方、リアム・ギャラガーは国民保険サービスの労働者のためのロンドン公演を延期することを発表している。

当初2020年4月に予定されていたこのライヴは今年5月に行われる予定だったが、今回8月17日に延期されることが決定している。公演にはサポート・アクトとしてプライマル・スクリーム、ブラック・ハニーが出演することが決定している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ