YouTube

Photo: YouTube

イマジン・ドラゴンズはマット・エースティンが監督した最新シングル“Wrecked”のミュージック・ビデオが公開されている。

“Wrecked”は今年3月に同時リリースされた“Follow You”と“Cutthroat”に続く楽曲で、9月3日にリリースされる通算5作目となるニュー・アルバム『マーキュリー – アクト1』に収録される。

“Wrecked”は2019年にガンで亡くなったダン・レイノルズの義理の妹であるアリーシャ・ダーツキー・レイノルズをインスピレーションとしたものとなっている。「彼女は最も明るい光でした」と彼は語っている。「彼女に会った人は全員楽しさと強さの光を見ました。彼女の突然の死は、私の心を揺さぶり、いまだに言葉にできないほどです」

「亡くなった時、彼女の兄妹と一緒にいて、このような形で死を目撃するのは初めてでした。彼女が亡くなったとき、人生の儚さを心に刻みました。兄弟は誰もすべきじゃない表情をしていて、それを私は見ていました。でも、彼の信念が将来的には希望をもたらすことは分かっていました。私も同じことを望むしかありませんでした」

“Wrecked”のミュージック・ビデオはこちらから。

「この曲はそうしたことのすべてを扱っています。自分にとって音楽が避難場所でした。もう敬虔な人ではなくなった今、私が望むのは痛みのない場所で癒やされながら彼女が聴いてくれることを願うしかありません。この曲は愛する人への永遠の願いです」

ミュージック・ビデオはダン・レイノルズがつらさと悔恨に苦しむもので、ハウス・パーティーやビーチ、夢の中にアリーシャ・ダーツキー・レイノルズと思われる女性が現れるものとなっている。

先日、ダン・レイノルズはマルチプレイヤー型のPCゲームタイトルの開発に携わっており、年内に完成させたいとの意向を明らかにしている。

ダン・レイノルズはイギリスのゲーム雑誌『レベル・ワン』のインタヴューに応じ、生涯を通じて愛してやまないビデオゲームについて、また実の兄弟であり、マネージャーでもあるマック・レイノルズと共に1年間かけて取り組んできた新作ゲームについて語っている。

「マック・レイノルズは僕の親友みたいな存在でもあり、いつもビデオゲームを作ろうって話をしていたんだ」とダン・レイノルズは説明している。「だから、最終的に僕がなんとか彼を後押しして『アルバムをリリースする合間にやろう』ってことになったんだ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ