GETTY

Photo: GETTY

フー・ファイターズはバンドの関係者に新型コロナウイルスの陽性者が出たことを受けて、週末に予定されていたロサンゼルス公演を延期している。

フー・ファイターズはソーシャル・メディアで7月17日にフォーラムで予定されていた公演を延期することを発表している。誰が感染したかは明らかにされていない。「CDCの指示と法令に従ってあらゆる努力をしてきましたが、フー・ファイターズの関係者に新型コロナウイルスの陽性者が出ました」

「バンドとクルー、そして何よりもファンの安全にとって多くの懸念と心配があることから、土曜日に予定されていたロサンゼルスのフォーラム公演は後日に延期されます」

フォーラムにとってこの公演は新型コロナウイルスのパンデミックが始まって以降、フル・キャパシティの18000人を入れて行う初めての公演となっている。

来場者はワクチンの接種を終えて、入場前に陰性だったことを示す証拠が必要とされていた。

6月20日にフー・ファイターズはマディソン・スクウェア・ガーデンでも同会場にとってコロナ禍後初となるフル・キャパシティでのコンサートを行っており、15000人の観客が参加している。観客はワクチン接種が終わった人のみとなっていて、抗議するワクチン反対派の人々も会場の外には集まっていた。

フー・ファイターズはディー・ジーズ名義でレコード・ストア・デイ2日目となる7月17日にディスコ色の強いアルバム『ヘイル・サタン』をリリースすることも決定している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ