GETTY

Photo: GETTY

BTSはエド・シーランが作曲に参加した“Permission to Dance”をテレビ初披露している。

“Permission to Dance”はエド・シーランが長年のコラボレーターであるスノウ・パトロールのジョニー・マクデイド、スティーヴ・マック、ジェナ・アンドリュースと共作した楽曲となっている。

同曲は2日連続で出演を果たす『ザ・トゥナイト・ショウ・スターリング・ジミー・ファロン』でテレビ初披露されている。

パフォーマンス映像はこちらから。

先日、エド・シーランは過去にコラボレーションした“Make It Right”に続いて、BTSに書いた新曲があることを明かしていた。

「BTSとは前作でも仕事をしたけど、彼らの新作にも曲を書いたんだ」とエド・シーランは語っている。「彼らはものすごくクールな連中だよ」

BTSのレーベルであるビッグ・ヒット・ミュージックも韓国メディアに声明を発表しており、「エド・シーランはBTSにの新作に参加しているのは事実です」と述べていた。

BTSは先月、日本のセカンド・ベスト・アルバム『BTS, THE BEST』をリリースしている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ