PRESS

Photo: PRESS

パーセルズはオーストラリアのニュー・サウス・ウェールズ州シルヴァートンという小さな街で撮影した最新シングル“Free”のライヴ映像が公開されている。

先月、パーセルズは2018年以来となる新曲“Free”を公開していた。

パーセルズは先住民のウィリアカリ族が暮らしてきた人口わずか50人の街、シルヴァートンに赴き、シルヴァートン・ホテルの外でパフォーマンスを披露している。

パーセルズがシルヴァートンを訪れたのは、オーストラリアの奥地を訪ねる今後公開予定のドキュメンタリーの一環となっている。

「シルヴァートンは希望リストの上位だったんだ」とパーセルズはシルヴァートンを訪れた理由について説明している。「人口50人のシルヴァートンは小さな街で、数本埃っぽい通りがあって、数匹のロバがいて、パブやパン屋が1軒あって、限りない砂漠に囲まれているんだ」

「5本ほど電話をかけたらドラマーのアナトルがシルヴァートン・ホテルのオーナーであるピーター・プライスに辿り着いたんだ」

「彼はなんで来たいのか、どうやってこんな奥地まで来るのか理解できなかったみたいだけど、歓迎するって言ってくれたんだ。『見たら分かるはずだ』ってね。電話やグーグルの写真から分からなかったのは街には穏やかなペースと優しい心で溢れているってことだね」

「何もない道を運転しながら、シルヴァートンの人々はみんなが“Free”で感じるものに近いという考えを持たずにはいられなかったね」

パーセルズはNOSアライヴ2022に出演することが決定している。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ