GETTY

Photo: GETTY

ブリンク182のマーク・ホッパスはガン治療の最新状況について言及し、今週重要な検査を受けることを明かしている。

マーク・ホッパスは先月ガンを患っていることを発表しており、現在3ヶ月にわたって化学療法を受けている。

現地時間7月11日にソーシャル・メディアでマーク・ホッパスは「生きるか死ぬかを決める可能性が大いにある」検査を受けると述べている。ただし、化学療法にせよ骨髄移植にせよ「ガンをやっつける」自信があると彼は続けている。

マーク・ホッパスは肩のあたりに位置する腫瘍の画像も投稿している。

「みんなの前向きな思いと励ましには感謝しているよ。みんなのリプライを読ませてもらって、すごく大切なものになっているんだ」と彼はツイートしている。

「化学療法にせよ骨髄移植にせよやっつけてみせるよ。どちらにせよガンをやっつけると決めたんだ。みんなに愛を」

マーク・ホッパスはガンを明かした時点で、部位やステージなどの詳細については明かしていなかった。

「落ち込んだし怖かったけど、同時にこれを乗り越えるための素晴らしい医師や友人にも恵まれているんだ」とマーク・ホッパスは述べている。

「まだ数ヶ月に及ぶ治療を受けなきゃいけないんだけど、希望を持って前向きでいようとしているんだ。完治して、近い将来コンサートで会えるのが待ちきれないよ。みんなに愛を」

ガンが明かされたことを受けて、オール・タイム・ロウのメンバーでシンプル・クリーチャーズを一緒にやっているアレックス・ガスカース、ア・デイ・トゥ・リメンバー、オブ・マイス・アンド・メン、グッド・シャーロットのメンバーといった友人たちは応援するメッセージを投稿している。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ