Andy Willsher/NME

Photo: Andy Willsher/NME

イギー・ポップ、ザ・ダムド、アダム・アントが2016年のワイト島フェスティバルのラインナップに加わったことが明らかになっている。

これらのアクトは、バズコックスやザ・ゴッドファーザーズ、ザ・セックス・ピスド・ドールズらと共にパンク生誕40周年を祝うことになるという。フェスティバルのヘッドライナーには、クイーン+アダム・ランバート、ステレオフォニックス、フェイスレスが決定しており、ニューポートのシークロース・パークで6月9日から6月12日にわたって開催される。

2016年から40年前の1976年に、ザ・セックス・ピストルズはEMIと契約しており、ザ・ラモーンズはファースト・アルバムをリリースしている。また、ザ・ダムド、バズコックス、ザ・クラッシュ、ザ・スリッツ、エックス・レイ・スペックス、ザ・アドヴァーズがすべてこの年に結成されている。

ワイト島フェスティバルは、クイーン+アダム・ランバートと来年のグラストンベリー・フェスティバルには出演しないという独占契約を結んでいるが、アダム・ランバートは先日グラストンベリー・フェスに出演したいと話しており、ブックメーカーの予想でも上位に位置している。

今年のワイト島フェスティバルではフリートウッド・マック、ザ・ブラック・キーズ、ブラーがヘッドライナーを務めている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ