GETTY

Photo: GETTY

AC/DCの亡くなったシンガーのボン・スコットは75回目の誕生日を記念して、ファンに向けた公式サイトが公開されることが決定している。

ボン・スコットの遺産管理団体は1974年から1980年までAC/DCのフロントマンを務めたボン・スコットと会ったり見たりした逸話を書き込める公式サイトをオープンさせる。

今後オープンされるアドレスはこちらから。

https://www.bonscottofficial.com/

公式サイトでは有名なロックスターからの追悼文も掲載され、新たなマーチャンダイズも販売される。

ボン・スコットの遺産管理団体は次のように述べている。「彼の75回目の誕生日という機会にボン・スコットの遺産管理団体は新たなサイトを立ち上げて、彼の伝説を高め、その栄光に役立てるという重要なステップとできることを誇りに思います。ボン・スコットは唯一無二のシンガーにしてソングライターであり、世界が忘れるべきではない人物でした」

「ボン・スコットのファンや友人が集まって、彼や彼の音楽にまつわる思い出や御意見を公開してもらう御招待です。彼の栄光は彼のことを愛した人々の思いの中で生きています」

ボン・スコットはAC/DCの6枚のアルバムに参加しており、1980年2月に急性アルコール中毒で亡くなっている。享年33歳だった。

先月、AC/DCは通算17作目の最新作『パワーアップ』より“Witch’s Spell”のミュージック・ビデオが公開されている。同作からはこれまで“Shot In The Dark”、“Demon Fire”、“Realize”がシングルとしてリリースされてきた。

ミュージック・ビデオは製作会社のウルフ&クロウによるアニメーションを使ったもので、水晶玉の中でタロットカードのセットでバンドがパフォーマンスを行うものとなっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ