GETTY

Photo: GETTY

ガンズ・アンド・ローゼズのギタリストであるスラッシュは15年間にわたってシラフを続けていることが祝福されている。

スラッシュの長年の交際相手として知られるミーガン・ホッジズはインスタグラムに彼の写真を投稿して、次のようにキャプションに添えている。

「ベイビー、15年間の禁酒、おめでとう!『依存症を克服した人は何でも達成できる(誰かの言った思慮深い言葉ね)』。毎日、あなたことは誇らしいけれど、今日は特別に誇らしいわ。ものすごく愛している」

スラッシュはアルコールの重い依存症で過去に心筋症を診断されている。彼はアルコールとヘロインの依存症に苦しんできたことを公言している。

「アルコール依存症の家庭的背景があったわけではないけど、父親も飲む人だったし、親族も飲む人だった。イギリスで生まれて、そこにはパブの文化が一部としてあるからね」と彼は『クラシック・ロック』でかつて語っている。

「ちょっと飲むくらいだったら、まあいいだろうと思っていたら、それがどうなるかはよく分かっていたけどね。過去にもやっているからね。だから、全部慎むことにしたんだ」

先日、ガンズ・アンド・ローゼズは北米ツアーの2度目の延期を発表すると共に同時に日程を追加している。

当初、この北米ツアーは2020年5月に延期されることが発表されており、その2ヶ月後に振替日程が発表されていた。

今回、ガンズ・アンド・ローゼズはさらに延期したツアー日程を発表しており、振替日程は7月31日のペンシルベニア州ハーシーの公演から始まるものとなっている。

ツアーは10月2日・3日にフロリダ州のハード・ロック・ライヴ・アリーナで行われる新たに追加された2公演で締めくくられる。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ