GETTY

Photo: GETTY

警官がYouTubeから著作権侵害で動画を削除させるために抗議運動との衝突でテイラー・スウィフトの曲をかけている様子が撮影されている。

抗議運動は現地時間7月1日にサンレアンドロ警察の警官のジェイソン・フレッチャーの審問が行われたカリフォルニア州オークランドのアラメダ郡裁判所の前で行われている。

警官のジェイソン・フレッチャーは昨年、ウォルマートでスティーヴン・テイラーという黒人を殺害した罪で過失致死罪に問われている。ジェイソン・フレッチャーはスティーヴン・テイラーがアルミのバットとテントを盗もうとしたとのことで、胸を銃で撃っている。

郡保安官代理のデヴィッド・シェルビーはアンチ・ポリス・テラー・プロジェクトの運動者であるジェイムス・バーチと運動の幕が「交通の妨げ」になるかについて口論となっている。やりとりが撮影されているのに気づいて、デヴィッド・シェルビーはテイラー・スウィフトの“Blank Space”をかけている。

ダンス・パーティーでもやっているのかと訊かれて、デヴィッド・シェルビーは「撮りたいものを撮ればいい」と語っている。「YouTubeに投稿できないことを知っているからね」

YouTubeは著作権所有者の許可なくアップされた動画を探知するコンテンツIDシステムを採用している。デヴィッド・シェルビーはそのシステムによって動画が削除されると考えたと見られている。

しかし、デヴィッド・シェルビーの行動を撮影した動画はYouTubeや他のソーシャル・メディアでも視聴可能となっている。

アラメダ郡保安官事務所のスポークスパーソンはABC7ニュースに今回の行動が行動規範に違反するかどうかを決める内務調査課の対象となったと述べている。

先日、テイラー・スウィフトはビッグ・レッド・マシーンに参加した新曲“Renegade”が公開されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ