YouTube

Photo: YouTube

ストーン・テンプル・パイロッツのスコット・ウェイランドの息子であるノア・ウェイランドとメタリカのベーシストであるロバート・トゥルヒーヨの息子であるタイ・トゥルヒーヨは新プロジェクトのブルー・ウィークエンドを始動させている。

ギタリストのアンソニー・ローリーとドラマーのジャクソン・モリスが参加しているブルー・ウィークエンドは先週アイハリウッド・フィルム・フェスティバルでデビューを果たしており、このイベントではシャーヴェル製ギターのドキュメンタリー『ジ・オリジナル・シャーヴェル・ギャング』が初公開されている。

ノア・ウェイランドとタイ・トゥルヒーヨはスラッシュの息子であるロンドン・ハドソンと共にサスペクト208を結成して昨年11月にデビューしていたが、わずか6ヶ月の活動を経て今年5月に解散している。解散に先立ってノア・ウェイランドはドラッグ依存症などの問題のためにバンドを追放されている。

『ザ・ブレアリング・アウト・ウィズ・エリック・ブレア・ショウ』のインタヴューでタイ・トゥルヒーヨはブルー・ウィークエンドのサウンドはサスペクト208とは違ったものになると語っている。「今回はもっとパンクの雰囲気があると思うよ」

「今夜演奏するのはもっとパンクの雰囲気があるものなんだ。“Shark Attack”という曲も演奏するしね。ノアの昔の曲も1曲演奏するよ。すごく楽しいんだ」

インタヴューの映像はこちらから。

タイ・トゥルヒーヨはインタヴューでコーンのベーシストであるレジナルド・“フィールディ”・アーヴィズの代わりを務めるよう依頼はあったのかと訊かれている。タイ・トゥルヒーヨは12歳の時に機会があれば興味はあると語っている。

「準備はできているよ」と彼は語っている。「だいぶ前から曲は知っているからね。演奏した経験もるしね。もし彼らが興味を持ってくれたら、彼らとぜひ演奏したいね」

昨年12月にノア・ウェイランドは父親と声を比較されることについて語っている。

「父親の名声の下で暮らすことには心配してないよ。人々が自分のことを知ってくれるまでには長くかかるだろうしね。多くの人が自分のことを父親みたいな声だと思うんだけどさ。でも、僕らにできることの一例に過ぎないんだ」

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ