GETTY

Photo: GETTY

エド・シーランは先月サッカーのイングランド代表のためにパフォーマンスを行ったことについて語り、最高の瞬間になるだろうと語っている。

エド・シーランは6月にサッカーのイングランド代表のために本拠地であるセント・ジョージズ・パークでパフォーマンスを行っている。

ピーター・クラウチが司会を務める番組『イヤー・レイト・ユーロズ』に出演したエド・シーランはイングランド代表のキャプテンであるハリー・ケインに招待されたと語っている。

エド・シーランによれば、彼は参加したチームのバーベキューで、自身の曲を披露して、DJセットも披露し、ライトニング・シーズが1996年に発表したフットボール・アンセムである“Three Lions”を一緒にシンガロングしたという。

「その晩の最後は全員で円になって、手を繋ぐ形になったんだ」とエド・シーランは語っている。「それって僕にとってはイングランドの少年としてイングランド代表の中心にいることだからね。最高だったよ」

「人生でも驚きの瞬間だったよね。あれを超える瞬間はそんなにないだろうね」

7月3日にイングランド代表は準々決勝でウクライナを4対0で破っている。イングランド代表は7月8日にデンマークと当たることになる。イタリアとスペインは7月7日に準決勝で当たることになる。決勝は7月12日にウェンブリー・スタジアムで行われる予定となっている。

試合の結果を受けてエド・シーランは自撮りの動画で「みんな、ニュースを聞いたかどうかは分からないけど、僕らの母国へと帰ってくるんだ」と語っている。

エド・シーランはサッカー好きとして知られ、フットボール・クラブであるイプスウィッチ・タウンFCのユニフォームのスポンサーとなっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ