GETTY

Photo: GETTY

エド・シーランはアメリカのテレビ番組で“Thinking Out Loud”を披露した映像が公開されている。

今週、エド・シーランはアメリカのテレビ番組『ザ・レイト・レイト・ショウ・ウィズ・ジェームズ・コーデン』に6月28日から7月1日まで4日連続で出演することが発表されていた。

パフォーマンス映像はこちらから。

エド・シーランはカムバック・シングル“Bad Habits”をBBCの『ザ・ワン・ショウ』で披露した映像も公開されている。

エド・シーランはユーロ2020とのコラボレーション企画の一環でTikTokで配信ライヴを行ったが、550万人以上の視聴者を獲得したことが明らかになっている。

フットボール・スタジアムで行われたこのライブ配信はイベントに向けてサッカー界のアイコンであるデヴィッド・ベッカムを起用した告知動画も話題となり、エド・シーランは12曲を披露している。

また、エド・シーランはBTSの新作のために曲を書いたことを明かしているほか、テイラー・スウィフトの『レッド』の再レコーディング・バージョンについて自分のパートのレコーディングを既に終えたことを明かしている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ