GETTY

Photo: GETTY

メラニー・チズムはスパイス・ガールズでできるだけ早くツアーに出たいと語っている。

スパイス・ガールズはヴィクトリア・ベッカム抜きで再結成しており、UKとアイルランドで大規模なスタジアム・ツアーを行っている。

今回、メラニー・チズムは今後に「たくさんの面白いこと」が控えているとして、デビュー・シングル“Wannabe”の25周年を祝うことも準備していると語っている。

ポッドキャスト『セレブリティ・サーチ・エンジン』に出演したメラニー・チズムはツアーの可能性について次のように語っている。「全員を代表しての発言はできないけど、自分に関して言うなら、できるだけ早くやりたいと思っているわ。2019年のツアーの成功とそれがどれだけ気に入ったかということを考えれば、もしできなかったら、私はムカつくわ」

彼女は度重なる噂があったものの、グラストンベリー・フェスティバルへの出演依頼を受けたことはないことを明かしている。

「究極の夢だわ。グラストンベリー・フェスティバルには本当に出演したいし、全員そうだと思うけど、でもその依頼をうけたことはないわ」

ポッドキャストでメラニー・チズムはスパイス・ガールズが元々はタッチというグループ名で、個人のスタイルを採用する前は統一の衣装を着ていたことを明かしている。

先日、エマ・バントンも新型コロナウイルスの制限が解除されたら、スパイス・ガールズはもう一度ツアーに出るだろうと語っていた。

「もっとやろうと話し始めていた時期にロックダウンが起きて、本当に残念だったわ」

「もう一度死ぬほどやりたいわ。世界がどうなるのか、待っているところなの。まだブッキングはしてないけれど、その時を待っているのよ。でも、間違いなくできるようになったら、実現すると思っている」

先日もメラニー・チズムはデビュー・シングル“Wannabe”の25周年を記念したプランについて話をしていると明かしていた。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ