GETTY

Photo: GETTY

ニルヴァーナは1991年発表の歴史的名作『ネヴァーマインド』があと数ヶ月で30周年を迎えようとする中でスポティファイでの“Smells Like Teen Spirit”の再生回数が10億回を突破している。

ニルヴァーナのセカンド・アルバムの冒頭を飾る“Smells Like Teen Spirit”はグランジとオルタナティヴ・ロックの隆盛を導くこととなった。

スポティファイで10億回を突破した曲は現時点で約150曲あり、クイーンの“Bohemian Rhapsody”、“Another One Bites The Dust”、“Don’t Stop Me Now”なども10億回を突破している。

ガンズ・アンド・ローゼズの“Sweet Child O’ Mine”、AC/DCの“Back In Black”もスポティファイでの再生回数が10億回突破に近づいている。

“Smells Like Teen Spirit”のYouTubeでの再生回数は2019年12月に10億回を突破している。

先日、ニルヴァーナのクリス・ノヴォゼリックは『ネヴァーマインド』の30周年を記念したリイシューの可能性を示唆している。

クリス・ノヴォゼリックは『アンカット』誌で30周年を迎える『ネヴァーマインド』をデイヴ・グロールと共に振り返っている。

「『ネヴァーマインド』が30周年を迎えるわけだけど、まだ考えているところなんだ」とクリス・ノヴォゼリックは再発の可能性を示唆している。「遅いぐらいだけどさ。何が入るかって? まあ見ててくれよ。サプライズを台無しにしたくないからね」

クリス・ノヴォゼリックは次のように続けている。「記念というのはファンのためのものであり、彼らにとってアルバムが何を意味するかというためのものだからね。それが何かを理解する手助けになるのであれば、素晴らしいよね。それは自分で見出さなきゃいけないものだけどさ」

デイヴ・グロールは彼もバンドもニルヴァーナの『ネヴァーマインド』について1991年9月のリリース後に怒涛の成功を収めることになるとはまったく予想していなかったと振り返っている。

また、デイヴ・グロールはニルヴァーナの存命中のメンバーで音源を共にレコーディングしたことを明かしている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ