GETTY

Photo: GETTY

アイアン・メイデンのフロントマンであるブルース・ディッキンソンはEU離脱の熱烈な支持者であったにもかかわらず、EU離脱後のツアーの取り決めについて政府の交渉失敗を批判している。

ヨーロッパにおけるミュージシャンとクルーのビザなしの渡航と労働許可を求める交渉については失敗に終わっており、イギリス政府はUKアーティストのツアーの今後を危機に晒していることで批判を受けている。

ヨーロッパにおける今後のツアーはミュージシャンやクルーに多大なコストが必要となると見られ、新人アーティストにとってツアーができないガラスの天井になる可能性が指摘されている。

イギリスのEU離脱について「すごく居心地がいい」とこれまで語っていたブルース・ディッキンソンは状況を改善するよう政府に求めている。

62歳のブルース・ディッキンソンは次のように語っている。「政府のエンタテインメント業界への態度は話し始めたらきりがないよ。僕らはおそらくイギリスにとって主要な輸出産業の一つのわけでさ。そうだな。なのに、まだこんな状況なんだ。何もできないよね」

「僕がEU離脱に投票したことはよく知られているけどさ」と彼は続けている。「でも、EU離脱になった後は人々との関係については慎重にならなきゃいけないんだ。それでいくと、今はヨーロッパで演奏できないこと、ヨーロッパの人々もこっちで演奏できず、労働の許可を得られないこととか、そういうバカげた文句があるわけでさ。いいかい、しっかりしなきゃいけないんだ」

ブルース・ディッキンソンのコメントは過去の見解とは極めて対照的なもので、彼は「バカげた話」が出回っていると語っていた。

「アイアン・メイデンの音楽はグローバルな音楽なんだ。どこにでもファンがいるんだ」と彼は語っている。「オーストラリアをツアーするのに何の問題もない。EUじゃないだろ。日本をツアーするのも何の問題もない。こちらもEUじゃない。アメリカをツアーするのも何の問題もない。見てみろよ。EUじゃない。そうしたミュージシャンがヨーロッパに来るのも問題があるかい? ないんだよ」

ブルース・ディッキンソンはEU離脱によってよりイギリスは「柔軟」になり、ヨーロッパの人々にとっても好都合だとも語っていた。

先日、レディオヘッド、ウルフ・アリス、アイドルズ、ポピー・アジューダなど、200組を超えるアーティストや音楽業界の団体は「#LetTheMusicMove」というキャンペーンに協力しており、EU離脱後のツアーを巡る失策について行動を起こすようイギリス政府に求めている。

これはヨーロッパ・ツアーが再開した時にミュージシャンやクルーが直面する費用や手続きを削減することを求めるものとなっている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ