GETTY

Photo: GETTY

元スキッド・ロウのセバスチャン・バックは亡くなったジョニー・ソーリンガーの家族にお悔やみの言葉を送っている。

ジョニー・ソーリンガーはスキッド・ロウで最も長期となる1999年から2015年にわたってヴォーカリストを務めていたが、6月26日に亡くなっている。

訃報を受けて、1996年までスキッド・ロウのフロントマンを務めていたセバスチャン・バックは遺族にお悔やみの言葉をソーシャル・メディアで伝えている。

「スキッド・ロウにショーン・マッケブに代わって加入したジョニー・ソーリンガーの家族と友人にお悔やみを申し上げます。1991年に一度だけコンタクトを取ったんだけど、その後、僕は1996年に脱退させられることになったんだ。目が覚めて『スキッド・ロウのシンガーが亡くなった』という見出しに自分の写真が使われているのを見て、決まりが悪かったよ。訃報を聞いて残念だったな」

ジョニー・ソーリンガーの訃報を受けてスキッド・ロウのソーシャル・メディアは次のように述べている。「兄弟であるジョニー・ソーリンガーのニュースを聞いて悲しいよ。我々の思いは家族、友人、ファンと共にあります」

ジョニー・ソーリンガーは亡くなる1ヶ月前に肝不全であると診断されて、寄付を募るクラウドファンディングを立ち上げていた。

クラウドファンディングのページには以下のように記されていた。「重い心境と共に自分とその健康状態に起きていることをお伝えしたいと思います。私は先月入院して、肝不全と診断されました。経過はよくありません。多くのミュージシャン同様、健康保険に入っておらず、それなしにはちゃんとした治療を受けられないのです」

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ