GETTY

Photo: GETTY

マドンナは現地時間6月24日にニューヨークで行われたプライド・パーティーにサプライズで出演を果たしている。

マドンナはホテルのザ・スタンダードにあるブーム・ブーム・ルームで行われたパーティーで2曲を披露し、LGBTQ+の団体に10万ドル以上を集めている。

イベントにはマドンナの他にもケイトラナダ、ハニー・ディオン、ザ・ミスシェイプスも出演している。彼女はバーのトップから“Hung Up”と“I Don’t Search I Find”を披露している。『デイズド』誌によれば、彼女は「みんなとパーティーに来たのはこれが初めてだわ」と語ったという。

「みんなとプライドを祝福できなかったら私にとっては悲劇だったわ」と彼女は観客に語っている。「当たり前に思わないでほしいの。だって、次に何が待ち受けているかは分からないから。自分自身のことを愛することを学んでほしい」

マドンナはオリジナルのポラロイドを1万ドル、2万ドル、2万5000ドルをそれぞれオークションにかけており、個人でも2万5000ドルを寄付している。集められた資金はアリ・フォーニー・センター、ハウス・オブ・USに寄付される。

また、マドンナはタイムズ・スクウェアの近くでプライドをテーマにした映像作品を初公開しており、これはフォトグラファーのリチャード・ゴメスとサシャ・カシウハとのコラボレーションとなっている。映像は『ノー・フィアー、カレッジ、レジスト』と名付けられ、以下で観ることができる。

「この映像は愛をもってプライドのために私たちが人間の尊厳や敬意に値しないと感じさせる人々に対して恐れず勇気をもって抵抗し続けることをみんなに思い出させるために作ったの」とマドンナはインスタグラムで説明している。

マドンナはスヌープ・ドッグの“Gang Signs”のミュージック・ビデオにカメオ出演を果たしており、「楽しかった」と述べている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ